nudity #128 mashiro 12


Original Nude Contents planned/produced by Tomoichi / Camerasan.file
Here you can enjoy my unique perspective of the world with (not only)
fetish nude of a number of women from ordinary woman to a professional model.

























Camera : Canon EOS 5D Mark Ⅳ
Lens :  EF 24-70mm F2.8 L Ⅱ USM
developing:Adobe camera RAW (Bridge) & PhotoShop CC

Model :真姫 ましろ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

すっかり記憶から抹消されていました…

今回掲載を確認いただこうと、真姫ましろさんに写真をお送りした際の第一声がこちらでした。

頻繁に。一時期は毎月定例で撮影をしていたましろさんと、
数年前に撮影したカットだけに無理もありません。

 

nudityのモデル応募には常に新しい方からのお問い合わせがありますが、
仕上げ・掲載時期が不明で長い場合は数年お待たせする とお伝えすると
皆さん少し考えられるようです。(当たり前ですね)

 

その中でも、今回は一番撮影から掲載までの期間があったかと思われます。
しかしそのことを踏まえた上で ギャラリーを改めて見直すと・・・

 

何年たっても私の撮影イメージは変わっていませんね。

ホテルで。

壁前で。

大きなベッドに一緒に上がり、

 

その美しい裸身を撮るのが大好きなのです。

 

レンズはEF 24-70mm F2.8 L Ⅱ。
恐らく購入して間もない頃だったかと思われます。

 

『レンズは基本単焦点。でもだからこそ標準ズームは妥協の無いものを所有すべし。』

 

その理念から選んだこのレンズは、以後、多くの撮影で私を支えてくれた1本となりました。

 

この記事を記載している時点では、新しいRF 24-70mm F2.8 Lに
メイン標準ズームのバトンを渡しておりますが

 

私の写真歴の中で EF 35mm F1.4 L と並ぶ 唯一無二の存在でした。

 

また機会があれば手にしたいレンズです。

 


◇ nudity 各種 お知らせ。 ◇

 

 

○ 撮影にご協力いただける女性からの応募 受付中です。

- 毎月、東京及び近郊にて撮影。経験有りな方はもちろん、

未経験の方、顔出しが出来ない方も大歓迎。お気軽にご相談ください。


○ 活動へのご支援を募集しています。

- クリエイター支援サイト 『Fantia』 にて、

ヌード撮影活動を応援・支援頂けるサポーター(ファン)を募集しています。

ファンページでは、期間限定の特典画像(2400px高解像度画像)ギャラリーや

Zipファイルデータのダウンロード・コンテンツをお楽しみいただけます。


○ オリジナルPDF写真集リリース開始

- nudityギャラリーをPDF形式の オリジナル写真集 としてリリースいたします。

スマートフォン、タブレットにて各種PDFリーダーに対応・推奨。

Fantia等の有料限定公開カットから、未公開カット。HP掲載より再調整カットを含む
高画質画像(短辺2160)版をフルカラーで掲載です。

 

各種 詳細は [ menu ] より各ページにて。

その他のお問い合わせは『お問い合わせ』 ページ内、

メッセージフォーム または

contact○camerasan.com  (コピーペーストの場合は○を@に変換)

よりご連絡ください。

 


 

【徒然日誌】

 

 

 

KALDIのカメラ型ケースチョコ。

ライカっぽい一眼スタイルと、二眼レフレックススタイルで
それぞれ缶と木箱のタイプがあります。

私は昨年、ライカの缶タイプのみ購入。
本年はレフレックスの缶を狙うも早々に売り切れ。残念に思っていたのですが

今月入荷の木製タイプは2種とも無事、購入できました。

(色はブラックとブラウン。毎年若干、色合いやデザインが変わっています)

撮影小道具として使用してみるのも面白そうですね!

 

 

 

 

 

Canon EOSシリーズは、5DMark3と6Dが出た時。画質面では

それまでの質感忠実描写指向の6D系と
より鮮やかではっきりとした彩色豊富志向の5D系に分かれたのですが

5Dの画質はR5へ。
6Dの画質はR6へ。

 

名称だけでなく方向性も引き継がれているので、スムーズに移行できるのは

『ラインナップ』に対する真摯な姿勢のたまものだと。
『写真を撮影する道具』として徹底されている故だと感じるのです。

 

安心して使い続けられる機材スペックって、

ただでっかい数字が並んでりゃいい ってモンじゃァないんです。

ただラインナップ増やしゃいい ってもんじゃァないんです。よね。

 

 

私だって たまには明るい写真が撮りたい。

撮りたいのですが 気付くと全部アンダーになっているのです。

 

なにゆえ?

 

 

 

そんなこんなで、また次回!