nudity #127 Kaico 09


Original Nude Contents planned/produced by Tomoichi / Camerasan.file
Here you can enjoy my unique perspective of the world with (not only)
fetish nude of a number of women from ordinary woman to a professional model.
































Camera : Canon EOS 5D Mark Ⅳ
Lens : EF 35mm F1.4 L USM & EF 17-40mm F4 L USM
developing:Adobe camera RAW (Bridge) & PhotoShop CC

Model :kaico

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

ベッド上でのカット。
壁にある電飾を活かそうと点灯させると、(どの構成でも)
なぜか天井にある赤いスポットライトが灯いてしまい

何だか変になまめかしい色合いになってしまいましたが
それもまた場の雰囲気、というやつでしょうか。

私が撮影にラブホテルを選ぶことの、大きな理由の一つが”キングサイズベッド”の存在で
撮影にラブホテルを選ぶことの、大きな不満の1つは”ベッド周りの設備”。

やたらと大きく存在感のあるマッサージチェアや
最近では少なくなりましたが スロットマシーン等
写真に入って欲しくないものが必ず部屋に1つ2つあるのです。

今回のホテルは幸いにそれらが無く。
であるならば背景も含めての写真構成を、と考え色々試してみました。

ただ背景のTVでAVを流しながら撮るのはちょっとやりすぎた感があったので
今後、封印することとします。

そちらのカットはFantiaファンページと
後日リリース予定のPDF写真集に収録される予定ですので、ぜひ。

 

久々のkaicoさんギャラリー更新は今回で終了。
前回・前々回とはまた違った趣のある構成となりましたがいかがでしたでしょう?

ヌードやポートレートに限らず
『写真表現』には捕り手が場を把握・管理して行うパターンと
時と状況に準じて適応させるパターンとがあり

アドリブの効かない私はこれまで前者を指標に撮影してきたのですが
kaicoさんをはじめとした、『nudityモデル』の皆さんとの撮影には
後者スタイルの方が合うのではないか?と

今更ながらに感じたりもします。

初めてモデル応募いただいた女性を撮影してから もう10・・・20年?

いまだに新しい発見があることに喜びつつ
いまだに何一つ極められないことに嘆きつつ・・・

 

 


◇ nudity 各種 お知らせ。 ◇

 

 

○ 撮影にご協力いただける女性からの応募 受付中です。

- 毎月、東京及び近郊にて撮影。経験有りな方はもちろん、

未経験の方、顔出しが出来ない方も大歓迎。お気軽にご相談ください。


○ 活動へのご支援を募集しています。

- クリエイター支援サイト 『Fantia』 にて、

ヌード撮影活動を応援・支援頂けるサポーター(ファン)を募集しています。

ファンページでは、期間限定の特典画像(2400px高解像度画像)ギャラリーや

Zipファイルデータのダウンロード・コンテンツをお楽しみいただけます。


○ オリジナルPDF写真集リリース開始

- nudityギャラリーをPDF形式の オリジナル写真集 としてリリースいたします。

スマートフォン、タブレットにて各種PDFリーダーに対応・推奨。

Fantia等の有料限定公開カットから、未公開カット。HP掲載より再調整カットを含む
高画質画像(短辺2160)版をフルカラーで掲載です。

 

各種 詳細は [ menu ] より各ページにて。

その他のお問い合わせは『お問い合わせ』 ページ内、

メッセージフォーム または

contact○camerasan.com  (コピーペーストの場合は○を@に変換)

よりご連絡ください。

 


 

【徒然日誌】

 

最近。
少し時間に余裕のある時はカフェで朝食をとってから出勤するのですが

美味しいパンとコーヒーでゆったりしてしまうと、
もう仕事なんてしたくないおうち帰るモードになるので

ほどほどにしないと

 

 

 

可愛いディフォルメタイプと
豪華なリアルタイプ。

それぞれ趣があって良きです。良き。

 

 

手になじむ革とアルミの質感。
シャッターに指をかけ構えた際のずっしりとしたカタマリ感。重さ。

これが。これがいいのです!!

他メーカーには無いこの独特の存在が 継続されないなんて
おかしいですよカテ・・・パナさん!

 

 

今年に入ってから、本格的に
ミラーレスをメインとして撮影をしている。 概ね良好だが、

「使いにくいな、一眼の方が良かったな。」

と思う面が無いわけではない。

 

特に私のような、暗い室内・外部ストロボ
が基本スタイルの撮影だと、EVFはメリットよりデメリットの方が多く
 

それは背面液晶を使えば解決するも、撮影レスポンスはガクンと落ちる。
 

つまり、テンポよく楽しく・即座に意図した設定・光で撮る なら一眼レフの方が勝っているという事。
 

ただ、AFの正確さをはじめ、他の様々な面(言ってしまえば上記の面以外総じて)ではミラーレスが勝っていて
要は撮影者である私が得手不得手を活かしきれていないのだ。
 

一方、画質面ではミラーレス(というか、EOS R6)の画像は本当に素晴らしく
これまで使用してきたどのカメラと比べても抜群である。
 

特に高ISO時の低ノイズには驚かされた。(設定は基本0でいい)
 

抜群ではあるが、柔らかめの肌描写を好んでいた私には ちょっとクッキリし過ぎなと感じる事もある。
 

こちらはシャープネスを0にしてもやや強く、せっかくの高い描写画像から
明瞭度を下げてしまうのは毎回気が引けるほど。

 
とにもかくにも、精進あるのみ・・・・である。

 

そんなこんなで、また次回!