nudity #099 Koto 04

 


Original Nude Contents planned/produced by Tomoichi / Camerasan.file
Here you can enjoy my unique perspective of the world with (not only)
fetish nude of a number of women from ordinary woman to a professional model.











 






 

Camera : Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Lens : EF 35mm F1.4 L USM
developing:Adobe Bridge / PhotoShop CC
Model : Koto

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

Kotoさんギャラリー最終章。

前回の03後編になります。
本来1回分に収める予定だったのですが、あれもこれもと欲張ってしまい・・・
この辺りが私の悪い癖ですね(絞り切れない・見極め出来ない)

しかし、01から04まで並べてみると やっぱりどのカットも捨てがたく。
再三になりますが Kotoさんの モデルとしての力量には驚かされるばかりなのです。

撮影日から数えると数年と、完成までずいぶん長くかかってしまいましたが
Kotoさんギャラリーはnudityを代表する一作になったと思います。

Kotoさん、本当にありがとうございました。

次の機会にはまた是非、出演お願いしたく思います。

※今回のギャラリーカット。一部はレギュレーションにつき、HPのみの公開。
Fantia未登録となります。ご了承ください。

 


 

◇ NUDITYモデルの応募を受け付けしております。 ◇

 

毎月東京 及び近郊にて撮影をしています。

モデル経験有りな方はもちろん、未経験の方も大歓迎。

ヌードになれない、顔出し・部分出しが出来ない方でも大丈夫。色々ご相談ください。

詳しくはモデル応募」 ページ内の

メールフォームよりお問い合わせ下さい!

 

「モデル応募」ページはこちら。

 


○ 活動へのご支援を募集しています。○  

クリエイター支援サイト『Fantia』にて、
ヌード撮影活動を応援・支援頂けるサポーター(ファン)を募集しています。

いち個人としての活動から 幅広い活動への資金基盤として。 皆様のご助力、何卒 宜しくお願い致します。


各プランにて、期間限定の特典画像(2
400px高解像度画像)をご覧いただけます。

 


ファンページカメラさん・活動応援企画』

Fantiaの登録方法、その他の詳細は 「Fantiaの登録/支援/退会方法」 ページをご覧ください。

 

当方のヌード撮影活動、サイト運営は
皆様のご支援があって はじめて可能となります。

何卒、ご助力のほど宜しくお願い致します。

 


○ お問い合わせ ○

当サイトへのご意見、ご感想、各種イベントや企画のお誘い、お仕事のご依頼、その他のお問い合わせは

お問い合わせ』ページ内、メッセージフォーム または

contact○camerasan.com  (コピーペーストの場合は○を@に変換)

よりご連絡ください。

 


【徒然日誌】

 

 

勤務時用に新しいミニナイフを追加購入してみました。(手前)

おそらく、今愛用している品の中で最も古いものが Victorinoxの十徳ナイフ(奧側)
もう20年以上使っているけれど精度・質・切れ味共に全く遜色なく
さほど高額でもないのに、これではメーカー儲らないんじゃないかと変な心配をしてしまうほど。

新しいナイフは十徳ではなく五徳。より限定された用途で活躍してくれるでしょう。

どちらも使い勝手最高です。2本共、これからまた20年もよろしく。

 

 

 

 

My new……return gear…!
LUMIX GX7.あえて再びの Mk2 です。

GX7は EVF固定、このサイズ・このデザインのGX7mk2がやはり至上でした(感想には個人差が云々)
今回は完全に動画用という事で、レンズは安価ながらコンパクトで 24mmスタートのズームを選択。

 

 

 

数年ぶりのパナソニックは「あー、そうそう、こういう感じだった」と
「あれ?こんなに粘ったっけ?」があって面白いですね。

しかし肝心の動画が今一つよろしくない。
過去に撮ったGX7 Mk2の動画は最高だったはず・・・ では何が違うのかというと
環境はもちろんだけど・・・・ やはりレンズか。

レンズ交換式カメラは結局いいレンズが追加で欲しくなっちゃう。ほんと困る。

 

 

 

秋に まるで春のように暖かな「小春日和」があるように
春には 「寒の戻り」と言われる、冬に逆戻りしたかのような 気温の急変日があります。
(寒の戻り。正確には2月中旬頃の季語らしいですが)

数年に一度くらいの割合でみる、桜が開花した後の積雪。今年はなかなか風流な光景を見せてくれました。

 

 

さて。

nudityも今回で99回。次回は記念すべき100回目となります。
初期更新の頃は毎週UPを目標に。
途中一年ほどお休みの後、月1~3回の不定期更新にて再開。
Fantiaやinstagramの開始と合わせ、多くのファンにご支持・ご支援いただき
ようやく100回を迎えるめどが立ちました。

何より、被写体となってくれた沢山の女性モデルさん。

単独では絶対に得られない『女性ヌード』を題材としながら
今日まで活動できているのは 全て、貴女の存在あってのことです。

本当に感謝しています。心より 「ありがとう」 と言わせてください。

この数年で私の周りの生活環境も大きく変わりました。
それに伴い、写真に対する様々な想いにも 変化がでてきたと思います。

だから、というだけではありませんが。100回を迎えるにあたって。

ヌード写真に対する考え方。
当サイト 『nudity』 のあり方。
ヌードフォト専門写真家としての活動 そのものを

今一度、初心に返り 一からやり直してみようと思い立ちました。

 

まだまだ未発表の写真、未現像の写真も沢山あるので
しばらくはこれまでどうりのギャラリーを見ていただく事になりますが、

今日以降に撮影する写真には 気持ちの変化が表れて来るかも。(変わらないかも?)

それが公開され始めた際に、「あぁ、この撮影したのは あんなこと言っていた頃かな」
と 何かを感じていただければ幸いです。

なんて。そんなこと言っても結局私の中にある『ヌード写真を撮るのが好き』という根幹部分は同じなので
全然変わってないな、と思われるかも・・・。それはそれで喜ばしい事やもしれません。

また、サイトnudity自体も。

一部デザイン、記事の書き方、ギャラリーの表示
そのほか目に見えない所など ちょこっとだけ手を加えたりして

より皆様に楽しんでいただけるサイト。
自身の活動の主軸となるサイトとなるよう 再考いたします。

これに伴い、次回更新まで 少し長めの春休みをいただきたく思います。

再開は5月のGW明け(目標)

しばらくご猶予いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

ではまた次回。

現在世の中は何かと大変な状況ではございますが
皆様と元気に再会(再開)できることを信じて。

どうかよろしくお願いいたします。

2020/04 ヌード専門写真家・智一