NUDITY #078 Chino 02

-DATA-
Camera : Canon EOS 5D Mark Ⅳ
Lens : EF 24-70mm F2.8 L2 USM & EF 17-40mm F4 L USM
developing:Phase One Capture One Pro & adobe PhotoShop CC

Model :Chino


Original Nude Contents planned/produced by Tomoichi/Camerasan.file
Here you can enjoy my unique perspective of the world with (not only)
fetish nude of a number of women from ordinary woman to a professional model.























 

今号のモデル : ちの
撮影/編集 : 御影 智一

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ちのさん掲載、後編です。
前回のTOPと今回のTOP。ほぼ同じポーズですが、モデルさんの身じろぎやちょっとした画角の変化で 写真が全く違ってくることの一例になっています。
1ポーズ・1シチュエーションで複数枚抑えたいときなどに使える基本テクです。

この日の撮影は主にちのさんからの依頼内容に沿ったもので、前回と今回前半掲載写真までは
ご依頼のカットの合間におまけ的に数枚撮らせていただいたものから。
実際はもっと色々なアングルや場所、シチュエーションを抑えていました。

が、最後(ベッドで横になってから)は当日無理を言ってサイト用にお時間を頂戴し、
いつもの「nudity」調にて撮影。
結果的にはこちらのカットも気に入ってもらえたようで・・・撮った甲斐があったというか、

わがまま言った上にお気遣いまでいただき本当にごめんなさい、な感じです。

出来る事ならば これに懲りず。
次回はがっつりnudity撮影にご協力、お願いしたいと思います。
それまでに私もより作品性を煮詰め 刺激的かつ楽しい撮影ができるよう
精進せねばなりませんね。

 

撮影機材は引き続きCanon EOS 5D markⅣ。

前半明るいカットは、EF 24-70mm F2.8 L2 USM
後半アンダーなカットは EF 17-40mm F4 L USM で撮影しています。
やはり17-40mm F4 Lのこってりとした色合いは独特ですね。

またテレ端40mmの広角ズームという画角も貴重で。
これでISが付いていたら満点だったのですが、
そうなるとこのサイズ・重さ・価格では出ていなかったでしょう。

ライティング。
明るいカットはディフューズアンブレラを取り付けたモノブロックでの壁バウンス+天井バウンス
アンダーなカットはおなじみのBOX+モノブロック2灯です。

現像はCapture One Pro。
ここ最近、モノクロ以外はコントラスト低めに仕上げることが多かったため 今回(特に後半)は
カラーのままモノクロ現像時のように黒を強く出してみました。
(ちょっとやりすぎて、掲載前に慌てて調整し直したりもしましたが)
皆さんはどちらがお好きですか?

 


 

◇ NUDITYではWEBグラビアのモデルを募集しております。 ◇

 

 

毎月東京 及び近郊にて撮影をしています。

モデル経験有りな方はもちろん、未経験の方も大歓迎。

ヌードになれない、顔出し・部分出しが出来ない方でも大丈夫。色々ご相談ください。

詳しくは モデル募集」 ページ内の

メールフォームよりお問い合わせ下さい!

 

「モデル募集」ページはこちら。

 

 


 

○ 活動へのご支援を募集しています。○  

 

クリエイター支援サイト『Fantia』にて、
ヌード撮影活動を応援・支援頂けるサポーターを募集しています。

いち個人としての活動から 幅広い活動への資金基盤として。 皆様のご助力、何卒 宜しくお願い致します。


各プランにて、
期間限定の特典画像(フルカラー高解像度画像)をご覧いただけます。


※定期登録のほか、記事ごとの個別支援・購入も可能で

 

 


ファンページカメラさん・活動応援企画』

Fantiaの登録方法、その他の詳細は Fantiaの登録/支援/退会方法 ページをご覧ください。

当方のヌード撮影活動、サイト運営は
皆様のご支援があって はじめて可能となります。

何卒、ご助力のほど宜しくお願い致します。

 

 


 

○ お問い合わせ ○

当サイトへのご意見、ご感想、各種イベントや企画のお誘い、お仕事のご依頼、その他のお問い合わせは

各ページ内、メッセージフォーム または

contact○camerasan.com  (コピーペーストの場合は○を@に変換)

よりご連絡ください。

 


【徒然日誌】

日常の何気ない景色の中に。自身の姿を鏡や写真で見た瞬間
あまりのみっともなさに この世から消えてなくなりたくなります。
nudity撮影ではあえて「自身の手」を映り込ませる手法を好む私ですが、
手以外の部位は絶対にフレームに入れるわけにはいきません。
(いやそもそも撮影者の体を一緒に写すこと自体が異質なのですけど)

も~ちょっと・・・せめて見た方を不快にさせないレベルになりたいと思う
私なのでした。

では、また次回!