NUDITY #076 Yuki 05

-DATA-
Camera : Canon EOS 5D Mark Ⅲ
Lens : EF 35mm F1.4 L USM
developing:Canon Digital Photo Professional 4 & adobe PhotoShop CC

Model :Yuki


Original Nude Contents planned/produced by Tomoichi/Camerasan.file
Here you can enjoy my unique perspective of the world with (not only)
fetish nude of a number of women from ordinary woman to a professional model.































今号のモデル : Yuki
撮影/編集 : 御影 智一

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Yukiさんとの撮影は毎回刺激的で、掲載写真も過激なものが中心になっている気がします。
お互い口数は少ない方なので現場は静かに淡々と撮影が行われているのですが
撮影が進むにつれ場の空気感が変わってきて…出す指示、受ける動きもそれまでとは異なり
次第に艶を帯びてくるのが実感できます。

こういう感覚を共有できるモデルさんは決して多くはないのですが、数年に1~2人
必ず出会えているのは不思議でもあり、幸運でもありますね。

 

撮影から結構時間が経過しており、撮影機材はCanon EOS 5D markⅢを使用。
レンズは35mmの単焦点1本。光源はクリップオンストロボの天井バウンスとモノブロック。
BOXは後方を開きバウンス効果も得られるよう設置しています。
BOXライトの使い方としては邪道ですね。でも私はよく好んで使用しています。

 

現像は一度カラーで作成した後にモノクロへ。
暗部諧調や質感等は通常より淡く濃く仕上げ、そこから色を抜いています。(フィルターは使っていません)
また、元となる画像は今の私のイメージではなく当時の実際のものに忠実であってほしかったため、
RAW現像はCanon DPP.4 を使用。本来の色の再現性は純正ソフトならではですね。

今回は大半をモノクロにしましたが、マットで柔らかな色味は豊かな色域のCanon画質に合っているようなので
次回使用する際はカラーでもそちらをメインに作成してみても面白そうです。


 

◇ NUDITYではWEBグラビアのモデルを募集しております。 ◇

 

 

毎月東京 及び近郊にて撮影をしています。

モデル経験有りな方はもちろん、未経験の方も大歓迎。

ヌードになれない、顔出し・部分出しが出来ない方でも大丈夫。色々ご相談ください。

詳しくは モデル募集」 ページ内の

メールフォームよりお問い合わせ下さい!

 

「モデル募集」ページはこちら。

 

 


 

○ 活動へのご支援を募集しています。○  

 

クリエイター支援サイト『Fantia』にて、
ヌード撮影活動を応援・支援頂けるサポーターを募集しています。

いち個人としての活動から 幅広い活動への資金基盤として。 皆様のご助力、何卒 宜しくお願い致します。


各プランにて、
期間限定の特典画像(フルカラー高解像度画像)をご覧いただけます。


※定期登録のほか、記事ごとの個別支援・購入も可能で

 

 


ファンページカメラさん・活動応援企画』

Fantiaの登録方法、その他の詳細は Fantiaの登録/支援/退会方法 ページをご覧ください。

当方のヌード撮影活動、サイト運営は 皆様のご支援があって はじめて可能となります。

何卒、ご助力のほど宜しくお願い致します。

 

 


 

○ お問い合わせ ○

当サイトへのご意見、ご感想、各種イベントや企画のお誘い、お仕事のご依頼、その他のお問い合わせは

各ページ内、メッセージフォーム または

contact○camerasan.com  (コピーペーストの場合は○を@に変換)

よりご連絡ください。

 


【徒然日誌】

冷夏から一転。毎日強烈な猛暑となっていますが、皆様体調を崩されてはいませんか?
特に屋外での作業や移動の多いお仕事の方は本当に気を付けてください。
私は幸いにも基本屋内での業務・撮影がメインの職場ではありますが
この時期でもスーツにネクタイなので何かの拍子に野外に出た瞬間気を失いそうになります。
誰だこんなもの考えた奴は。

そんななか、少し気になるコンパクトカメラやウェアラブルカメラが発売されたので購入を検討するも、
結局買わずに帰宅してしまいました。こういうのは性能や値段以上に 手にした瞬間「欲しい!」と思うか否か。
今回は運命のお相手ではなかったと諦めました。

カメラだけでなく本物の『運命のお相手』もまだなので、諸々、道のりはまだ長いですな。