NUDITY 056 Mashiro #001

-DATA-
Camera : Canon EOS 5D Mark Ⅳ
Lens : EF 35mm F1.4 L USM
Model : Mashiro

Original Nude Contents planned/produced by Tomoichi/Camerasan.file
Here you can enjoy my unique perspective of the world with (not only)
fetish nude of a number of women from ordinary woman to a professional model.


今号のモデル : 真姫 ましろ
撮影/編集 : 御影 智一

 

アンダーグラウンド展示即売会「アーティズムマーケット」会場にて。とても魅力的な女性に
「モデルやってみたいです!」と声をかけられてから 幾年月。
ようやく撮影を実現することが出来ました。

本当であればすぐにでも撮影したかった。でも当時 彼女はまだ高校生。
ヌード主体の『nudityモデル』としてはいささかお若い・・・・ということで、彼女が大学を卒業する年まで待っていたわけですが
その間もイベントやSNS等でご連絡を頂いていて。気がつくと長いお付き合いになっていました。

印象より高身長で、すらりと伸びた長い手足。びっくりするほど細いウエストにスレンダーなシルエット。しかし胸やお尻のボリュームはしっかり、と。
nudityモデルとして申し分の無いスタイルの持ち主である彼女との撮影は毎回挑戦の連続。

長丁場の撮影ながら新しい試みを試す事も多いため、公開には至らない作品も多々あるものの
可能な限り掲載できるようにと考えています。

長年待った(待たせた)からではありませんが その後
ましろさんとの撮影は定期的に。かつ積極的に行っています。しかし
お互いの環境(お仕事、ほか)が激変したこの1年は少しペースが落ちてしまいました。
またお願いしたい撮影コンセプトもありますので 来年は以前のペースに戻れることを期待するばかりです。

 

◇◇◇

 


 

◇ NUDITYではWEBグラビアのモデルを募集しております。 ◇

 

毎月東京 及び近郊にて撮影をしています。

モデル経験有りな方はもちろん、未経験の方も大歓迎。

ヌードになれない、顔出し・部分出しが出来ない方でも大丈夫。色々ご相談ください。

詳しくは サイドメニュー「MODEL WANTED」 TOPメニュー モデル募集 内の

メールフォームよりお問い合わせ下さい!

 

「モデル募集」ページはこちら。

 

 


 

○ 活動へのご支援を募集しています。○  

 

クリエイター支援サイト『Fantia』にて、
ヌード撮影活動を応援・支援頂けるサポーターを募集しています。

いち個人としての活動から 幅広い活動への資金基盤として。 皆様のご助力、何卒 宜しくお願い致します。


各プランにて、
間限定の特典画像(フルカラー高解像度画像)をご覧いただけます。


※定期登録のほか、記事ごとの個別支援・購入も可能で

 

 

ファンページカメラさん・活動応援企画』

 

Fantiaの登録方法、その他の詳細は Fantiaの登録/支援/退会方法 ページをご覧ください。

 

当方のヌード撮影活動、サイト運営は 皆様のご支援があって はじめて可能となります。

何卒、ご助力のほど宜しくお願い致します。

 

 

○ PDF電子書籍版写真集 ○  

 


サイトの掲載写真 及び新規テキストを掲載・編集したPDF版電子書籍を企画進行中です。

ちょっと作業難航しております。PDF写真集の取り扱い(セキュリティなど)に詳しい方、アドバイスお願いします。。。

 

 

 

 

○ データ写真集/ROM版・DL版 ○

 

shop_02

 

DLサイト 及び各イベントにて販売しておりましたデータ写真集は 現在販売を休止しています。

 

各・続報は当HP内新規記事ページ

または「SHOP」 ページをご覧ください。

 


 

○ お問い合わせ ○

当サイトへのご意見、ご感想、各種イベントや企画のお誘い、お仕事のご依頼、その他のお問い合わせは

各ページ内、メッセージフォーム または

contact○camerasan.com  (コピーペーストの場合は○を@に変換)

よりご連絡ください。

 


 

【徒然日誌】

今更新の写真編集では。
1度目は質感などに拘りアーティスティックな雰囲気で作成するも気に入らず全てボツ。
2度目は誇張を避けシンプルに仕上げるも色合いが気に入らずまた全ボツ。
3度目にしてようやくの完成となりました。

回を追うごとに編集部分が少なくなるも、わずかな設定値の違いに一喜一憂した今回の製作。
プライベートな個人製作であるからこそできる所業なれど いい加減もっと安定して
「いつもどうりやればパパーッと出来ちゃうよーあっという間だよーこれが熟練って奴かな」
などとふんぞり返りながら更新したいものです。

似合わないかな・・・